新潟県・阿賀町・津川河港

  新潟県の観光と歴史的建築物(ホーム)阿賀町>津川河港
【 概 要 】−津川の地は阿賀野川舟運の拠点と会津盆地の中心地である黒川城(福島県会津若松市)の城下と新発田地方を結ぶ越後街道の宿場町が合流する交通の要衝として重要視され、阿賀野川と常浪川の合流点にある麒麟山には津川城が築かれていました。江戸時代に入ると会津藩領に属し、特に物流が盛んになると阿賀野川舟運が急速に発展し津川河港は流通の拠点として大きな役割を持ちました。これは、津川河港の上流には西海枝の瀬、明神の瀬、銚子ノ口などの難所が点在した為、何度も工事が繰り返したものの、結局舟運船の通行が不可能だったので会津方面に荷物を運ぶ場合は津川河港で人馬に積み替えられ、陸路で再び舟運船が利用可能の河港に運び、逆に下流に運ぶ場合は津川河港で、人馬から舟運船に積み替えた為で、津川河港は物資の集積地として極めて重要な役割を持ちました。慶長20年閏6月13日に江戸幕府により一国一城令を受けて寛永4年(1627)に津川城は廃城になりましたが、会津藩は引き続き重要し、津川には代官所、船番所、藩蔵が設置されました。最盛期には港に150隻の舟運船が出入りし100人を越える丁持衆が働いていたとされ活況を呈しました。会津藩からは年貢米の他、特産物である会津塗、煙草、薪炭、木材などが日本海の北前船を利用し京都や大坂などの大消費地に運ばれ、逆、会津の内陸部には日本海の海産物や塩、綿布などが運ばれました。明治時代初期にはイギリス人女性紀行家イザベラバード越後街道(会津街道)会津西街道(下野街道)を利用し津川宿で宿泊しており交通の要衝だった事が窺えます。明治時代中期以降は急速に衰退しましたが、現在でも船着場跡が残され阿賀町指定史跡に指定されています。

スポンサードリンク

取上観音(阿賀町):周辺の見所

平等寺 将軍杉 新善光寺 護徳寺 五十嵐家住宅 取上観音 津川河港
※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。