新潟県・阿賀町・新善光寺

  新潟県の観光と歴史的建築物(ホーム)阿賀町>新善光寺
【 概 要 】−新善光寺の創建は建久元年(1190)に沙門定尊聖人が開山したのが始まりとされ、本尊は善光寺(長野県長野市)の本尊(一光三尊阿弥陀如来像)を定尊聖人が模して刻み込んだものだと言われています。福海観音堂に祀られている石造観音菩薩像(阿賀町指定文化財)は元禄6年(1693)に新潟沖で沈没したもので、上半身と下半身別々の場所で引き上げられ祀られていたものを平成元年に当寺に寄進されました。元々当時の住職だった品誉上人の息災を祈り二人の弟子が福井県の西光寺から搬送したもので出立から到着まで296年かかったことになります。正面には大きな鐘楼門(仁王門)があり、境内には会津白虎隊士 藤森八太郎(白虎寄合一番隊、慶応4年8月25日、阿賀野川での攻防戦後、下野尻に引き上げる際に新政府軍の攻撃により戦死しています。)の墓や津川姿見著者 田崎留右衛門富修の墓などがあります。

スポンサードリンク

取上観音(阿賀町):周辺の見所

平等寺 将軍杉 新善光寺 護徳寺 五十嵐家住宅 取上観音 津川河港
※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。