加茂市・歴史・観光

  新潟県WEB観光案内所(ホーム)>加茂市:歴史・観光・見所
新潟県の国重文
 ・新潟県議会旧議事堂
 ・旧新潟税関庁舎
 ・新発田藩足軽長屋
 ・若林家
 ・浄念寺
 ・十柱神社(弥彦神社摂社)
 ・十柱神社
 ・護徳寺
 ・五十嵐家住宅
 ・平等寺
 ・渡辺家住宅
 ・佐藤家住宅
 ・山口家住宅
 ・白山神社
 ・浄興寺
 ・多多神社
 ・大泉寺
 ・魚沼神社
 ・星名家住宅
 ・目黒家住宅
 ・佐藤家住宅
 ・長谷川家住宅
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
加茂市・歴史・観光・見所
加茂市概要: 加茂市の歴史は古く古代から青海首一族が周囲を開拓し支配していたと伝えられています。青海首の御戈命は大和朝廷の命で北陸に侵攻したとされ、その一族が加茂市周辺まで勢力を広げ加茂山山麓に始祖椎根津彦命を祀り青海神社(延喜式神名帳に記載された式内社)を建立しました。中世は上杉が支配し元亀元年(1570)に加茂山要害を築くと周辺攻略の拠点となり早部甚甫守や長尾加賀守、本庄備前守、宇佐美平六など8武将が城主となっています。上杉景勝が会津若松に移封すると加茂市の大部分は新発田藩、七谷周辺は村松藩に属し明治維新を迎えます。又、加茂は信濃川の支流である加茂川が流れていた事から舟運が盛んになり、多くの商人が集まる商人町を呈するようになり万治3年(1660)には町年寄浅野三郎右衛門が町割を整備し六斎市を始めたそうです。加茂市の地名は青海神社(加茂市指定文化財)の境内に延暦13年(794)京都の上加茂神社の別雷命、下加茂神社の賀茂建角身命と多多須玉依姫命を勧請したことに由来し、歴史的な繋がりや落ち着いた町並みから加茂市は「北越の小京都」と称されています。
  スポンサーリンク
 
加茂市
加茂市町並み 加茂市町並み 加茂市町並み 加茂市町並み
加茂市町並み 加茂市町並み 加茂市町並み 加茂市町並み
加茂市:観光・見所
青海神社
青海神社
青海神社
旧七谷郵便局舎
旧七谷郵便局舎
旧七谷郵便局舎
鶴巻家住宅
鶴巻家住宅
鶴巻家住宅
旧賀茂銀行
旧賀茂銀行
旧賀茂銀行
住宅設計

 

 

 新潟県観光・旅行見所ナビ:
|新潟市| 村上市| 胎内市| 阿賀野市| 阿賀町| 加茂市| 五泉市| 燕市| 三条市| 見附市| 長岡市| 弥彦村| 柏崎市| 上越市| 糸魚川市|
|妙高市| 新発田市| 小千谷市| 十日町市| 南魚沼市| 魚沼市| 弥彦神社| 古民家住宅| 城郭| 神社| 寺院| 洋館|
 
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「新潟県WEB観光案内所>加茂市」は「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、「郷土資料辞典:新潟県」、「日本の城下町:甲信越」、「有限会社建築相談センター」、を参考にさせていただいています。